保険の届け方を考える

 

お金のことを考える。一緒に保険のことも考える。

お金のことを考えるとき、それは保険のことを考えていただくにもお客さまにとって一番自然で、便利なときだと、カーディフは考えました。

たとえば、就職や結婚、子どもの誕生、そしてマイホームの購入。
私たちは一生の節目ごとに銀行と深くかかわり貯蓄を始めたり、お金を借りたりします。

お客さまが、こうしてご自身のライフプランを考えているときに、それにぴったり合った、必要にして十分な保険が提示される。

このような保険の届け方を、私たちはバンカシュアランスと呼んでいます。

「なるほど。こういう安心があるのはいいよね。」

私たちカーディフは、そう思っていただける保険の届け方にこだわっています。

 

カーディフ+金融機関のパートナーシップ

カーディフは、日本全国にある銀行・金融機関(=バンク) をパートナーとし、金融商品にカーディフの保障(=アシュアランス)をあわせて、必要なときに、必要な保障をお届けする「バンカシュアランス」を通じて事業を展開しています。

 

提携⾦融機関の数  (銀行には信用金庫を含みます) 詳しくはこちら

バンカシュアランス

(2016年3月末時点)

バンカシュアランス