カーディフ・ジャパンについて

 

私たちカーディフは、世界的な金融グループBNPパリバの一員です

ヨーロッパ最大級の銀行ネットワークを持ち、世界75の国と地域で金融サービスを展開するBNPパリバ。
私たちカーディフは、グローバルエコノミーの最先端でビジネスを展開するBNPパリバの保険子会社として、その一役を担っています。

日本では、カーディフ生命とカーディフ損保という2つの事業会社がそれぞれの強みを活かし、「カーディフ・ジャパン」として事業を展開しています。

BNPパリバは、フランスを本拠とする世界有数の金融グループです。世界約75の国と地域で、幅広いビジネスを展開しています。
2001年、カーディフ生命は日本で初めて、金融機関で住宅ローンをご利用のお客さまががんと診断された場合、保険金によってローン返済を支援する「ガン保障特約付団体信用生命保険」を開発しました。
主に銀行で住宅ローンをご利用のお客さまにご加入いただいているカーディフ生命の団体保険の被保険者数は、95万5,640人となりました。(2016年3月末時点)
私たちカーディフは、たくさんのお客さまの“マイホームの夢”を保険を通じてサポートしています。
カーディフは、地域に根ざした銀行から、世界の金融市場を動かすグローバルな金融サービス企業まで、日本全国約60社の金融機関とのパートナーシップを通じて保障をお届けしています。
詳しく読む
日本におけるカーディフは、カーディフ生命とカーディフ損保が相互の強みを活かしながら、お客さまに必要な保障をお届けしています。

カーディフ生命の情報はこちらから カーディフ損保の情報はこちらから

 

カーディフ・ジャパンの位置づけ

 

日本におけるカーディフの沿革

カーディフ・アシュアランス・ヴィ(日本支店)、カーディフ・アシュアランス・リスク・ディヴェール(日本支店)を設立
日本で初めて「がん団信」を開発、提供開始(カーディフ生命)
3大疾病保障付き団信の提供開始(カーディフ生命)
8疾病保障の提供開始(カーディフ生命・カーディフ損保)
住宅ローン加入者向け、奥さまのためのガン診断特約の提供開始(カーディフ損保)
シンプルでわかりやすい、「自由に使えるガン保険」の提供開始(カーディフ生命)
保障とボーナスをひとつにした、「愛情たっぷりこども保険」をダイレクトチャネルで販売開始(カーディフ損保)
団体保険被保険者数が90万人を突破(カーディフ生命)
銀行の消費性ローン向けに「がん団信」を提供(カーディフ生命)